定期刊行物Trader’s Be&Po

USMEFでは、最新の食肉関連情報を皆様にお届けするために、 「Trader's Be & Po 」(隔週刊)を発行しております。 皆様のビジネスにぜひご活用ください。

2022年

11月

Vol.414 2022/11/28

    • 生体牛価格は横ばい、カットアウト小幅高
    • 在庫と鶏肉生産の増加が豚肉価格の上昇を抑制
    • 食肉業界のGHG削減へ向けた2030年目標示す―NAMI
    • 豚肉は2カ月連続増、牛肉は1~9月まで記録的ペース維持
    • 2023年の乳牛頭数、増加の見通し
    • In-N-Out Burgerが消費者満足度1位に
    • サンクスギビング・ディナーの費用が20%増
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ビーフ(2022年9月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

Vol.413 2022/11/07

    • 生体牛価格は供給潤沢も続伸、カットアウト小反発
    • モモ肉堅調で豚先物上昇、季節需要とターキー高騰等で
    • 飼料コスト、緩和の兆し見えず
    • 増加を続けるケースレディーミート
    • レストランの利用行動にTikTokが大きな影響を与える
    • 全国4カ所で「アメリカンミートトレードセミナー」開催
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ポーク(2022年8月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

10月

Vol.412 2022/10/24

    • 生体牛横ばい、カットアウト下落でパッカーマージン縮小
    • 繁殖豚減少が先物価格を下支え、供給拡大は来夏以降
    • 豚肉輸出、メキシコ向け好調で日本向け減少を相殺
    • フィードロット導入増続く、干ばつの影響深刻
    • 豚肉在庫、モモの積み増し進まず価格高騰の懸念
    • BurgerFiが新キャンペーンでポジショニング強化
    • 「FOODSTYLE Kyushu 2022」で米国産ブランド牛肉紹介
    • アメリカンポーク外食向けセミナー、オンライン同時配信で
    • 2022秋冬「おうちで食べよう!」施策、ソース小袋4種提供
    • 羊フェスタ2022に出展、アメリカンラムをPR
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ビーフ(2022年8月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

Vol.411 2022/10/03

    • ビーフカットアウト下落、予想超える生産で
    • 豚肉価格、輸出需要の回復なければさらなる逆境に
    • 干ばつによるフィードロットへの導入促進が続く
    • テキサスの肉用雌牛のと畜、前年比31%増
    • 食料供給は依然ひっ迫、世界的危機に米国の不作重なる
    • 2022年の米国の農業利益、過去20年平均を上回る
    • サブウェイとezCaterが教職員ケータリングコンテスト
    • 品川プリンス・グランフロント大阪などでPorktoberフェア
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ポーク(2022年8月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

9月

Vol.410 2022/09/20

    • 生体牛・カットアウト続落、9月は小売の販促がカギ
    • 豚先物は投機筋の売りで下落、と畜増で急激な調整局面に
    • 中国の国産食肉と穀物価格、米国産の輸入価格を大幅に上回る
    • ウォルマートがサステナブルビーフ社の株式取得
    • 豚肉在庫は依然高水準、秋季の値下げ圧力に
    • アメリカンポークの「豚から」提案、小袋とレシピ動画
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ビーフ(2022年7月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

vol.409 2022/09/05

    • 生体牛価格反発、カットアウトは続落
    • 生体豚価格の記録的高値、秋季には下方局面に
    • FMIの「小売店の生鮮食品状況調査」、食肉部門好調
    • 食料品店vs外食店、食肉販売を巡る競争激化
    • 「ごちポからの大感謝キャンペーン」9月~11月
    • 10月から「アメリカンビーフ300kg山分けキャンペーン」
    • アメリカンポークの故郷、米国中西部生まれの食の祭典「Porktober(ポークトーバー)」今年のイベント決定
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ポーク(2022年7月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

8月

Vol.408 2022/08/22

    • 7月のビーフカットアウト価格、予想超えて上昇
    • 季節的な供給減で豚スポット市場混乱、供給は今後回復
    • 上半期の牛肉輸出額は月間10億ドルペース、豚肉前年割れ
    • 6月末豚肉在庫、前年比22%増も品目ごとにバラつき
    • 肉牛の繁殖農家、厳しい状況続く
    • 米国の牛群縮小・牛肉価格の高騰が家計に追い打ち
    • インフレ下でもステーキブーム再燃
    • 「FABEX関西2022」「FOODSTYLE Japan2022」に出展 日本企業13社と共同で多彩な米国産ブランドビーフを紹介
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ビーフ(2022年6月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

Vol.407 2022/08/08

    • 生体牛は南部の安値が引きずる、カットアウト横ばい
    • 生体豚価格は堅調、短期的な豚肉価格の下支えに
    • 今後10年の世界の食肉消費、鶏肉が最も増加-FAO/OECD
    • 第3四半期の世界の豚肉貿易は増加見込み―ラボバンク
    • 6月のフィードロット出荷、過去11年で最大に
    • 高値の治療法は高値、価格調整進んだバックリブに好機
    • 「トライ!アメリカンビーフ!キャンペーン!」開始、9月30日まで
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ポーク(2022年6月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

7月

vol.406 2022/07/25

    • 連休の牛肉の売れ行き好調でカットアウト価格上昇
    • 今後12カ月間の豚肉供給は安定、需要が焦点に
    • 韓国、食料インフレに対応し、牛肉の無税枠10万トン
    • フィードロット頭数、過去最高も導入牛の軽量化進む
    • 米国の豚肉産業の雇用と経済貢献で新たな報告書-NPPC
    • 5月末在庫、積み増し進む、牛肉25%増、豚肉17%増
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ビーフ(2022年5月)米国の輸出、
      と畜頭数枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

Vol.405 2022/07/11

    • ビーフカットアウト続落、小売販促低調、生体牛は上昇
    • 生体豚価格は前年並み、今後はと畜減で先物上昇
    • 牛肉業界、物議醸すSECの気候変動開示案に申し立て
    • 2022年の豚肉供給、生産量減少も国内消費は微増見通し
    • 牧草の状況は依然厳しい、雌牛の淘汰進む
    • 自宅での食事、2024年まではパンデミック前を上回る
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ポーク(2022年5月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

6月

Vol.404 2022/06/27

    • 海上輸送改革法可決、物流改善の重要な第1歩―USMEF
    • 生体牛価格、先物の反発を受けて現金価格も上昇
    • ベリー卸売価格、潤沢な供給と在庫が価格上昇を抑制
    • 「Protect Our Pigs」キャンペーン開始-USDA
    • 牛肉市場、COVID禍を乗り越え平常化へ
    • 昨年と異なる需給状況で豚トリミングの前年割れ続く
    • アメリカンビーフバーガーTwitterキャンペーン
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ビーフ(2022年4月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

Vol.403 2022/06/13

    • カットアウト価格小反発、生体牛は続落
    • 予想以上のと畜増で豚カットアウト下落、先物は回復
    • フィードロットの飼養頭数、最多記録を維持
    • メモリアルデー向け販促、牛肉はステーキ、豚肉はリブ主体
    • アメリカンポーク「おうちで食べよう」で新たなレシピ動画
    • アメリカンポークのカッティング動画を追加公開
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ポーク(2022年4月)米国の輸出、と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

5月

Vol.402 2022/05/30

    • 肥育牛価格は横ばい、カットアウトは強気配
    • 豚カットアウト、需要面のリスク懸念で下方調整
    • 中国の4月の食肉輸入量、前年比36%減
    • インフレが小売・外食の食肉需要を変化させる
    • 米国のトウモロコシは生産・輸出とも減少予想
    • 食肉の購買行動、経済状況に合わせた変化続く
    • 米国のサステナビリティ対応「プロテインPACT」をWeb掲載
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ビーフ(2022年3月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

vol.401 2022/05/16

    • 肥育牛価格が大幅上昇、グリルシーズン向け需要増で
    • ターキーの供給減、豚モモ価格の潜在的な変動要因に
    • 2022年の米国の食肉輸出は減少見通し―USDA
    • 春夏の供給ひっ迫に備え、在庫の積み増し進む
    • 牛群のさらなる淘汰が進む、干ばつや経済的な要因で
    • 2022年米国レストランランキング、トップ50で16%増
    • 「トライ!アメリカンビーフ!キャンペーン」を全国展開
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ポーク(2022年3月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

4月

Vol.400 2022/04/25

    • カットアウト価格続伸、生体牛は横ばい
    • 生体豚は夏季先物が下落、カットアウトは上昇に余地
    • E15の夏季販売許可でトウモロコシのさらなる上昇懸念
    • ウクライナ戦争が食肉市場に及ぼす影響―NPBウェビナー
    • NCBAがブラジル産牛肉の輸入停止を再要請
    • 米国産牛肉輸出は世界的な需要増で好調、豚肉は前年割れ
    • 今年の豪州の牛肉輸出、低調なスタート
    • 食料品のサステナビリティに関する意識は多様―クローガー調査
    • アメリカンポーク「ピクニック」の活用動画を公開
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ビーフ(2022年2月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

Vol.399 2022/04/11

    • 春季の価格上昇、今年は小幅にとどまるか
    • 食料品価格急騰、インフレ加速とウクライナ情勢で
    • 日本の牛肉SG発動基準の変更を歓迎―USMEF、NCBA
    • 西海岸港湾の労使交渉、5月12日からスタート
    • 今春の肥育豚の供給はひっ迫―豚飼養動向予想
    • NRFが「2022年世界の小売業者トップ50社」を発表
    • アメリカンビーフ、ポーク春夏キャンペーン展開
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ポーク(2022年2月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

3月

vol.398 2022/03/28

    • 生体牛続落、カットアウトは下げ止まる
    • 2022年の食肉生産量予想を下方修正、豚肉1.3%減
    • プライム、値上がりに揺らがぬ消費者需要
    • 豚肉産業の持続可能目標と測定基準公表―NBP
    • アメリカのホットドッグ消費額は75億ドル超
    • 食肉のオンライン購入増加、レシピはデジタルから
    • ファベックスに出展、4月13日から東京ビッグサイトで
    • 4月1日から「選ばれて、ずっと№1!ごちポからのありがとうキャンペーン」
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ビーフ(2022年1月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

Vol.397 2022/03/14

    • ウクライナ戦争で穀物や燃料費高騰、食肉価格の上昇要因に
    • ビーフカットアウト価格続落、生体牛は続伸
    • 生産減少で豚先物上昇、需要堅調も国内供給は低下
    • 食肉処理能力の拡充強化に2億1500万ドル―USDA
    • プライムの生産拡大続く、チョイスとセレクトの価格差縮小
    • 深刻化する干ばつ、影響拡大の恐れ
    • 豚肉の月末在庫、依然として低水準
    • ハードロックカフェがメッシ氏考案のバーガーを全世界発売
    • アメリカンビーフ外食向けウェビナー、3月22日生配信
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ポーク(2022年1月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

2月

Vol.396 2022/02/28

    • 牛肉カットアウト続落、生産の増加受け
    • 米国の肉豚生産、拡大前の一時的停滞
    • 牛飼養頭数減少、干ばつとコスト増加で
    • 年間輸出額、牛肉100億ドル、豚肉80億ドル突破
    • 2022年の豚肉輸出見通し2.7%減、中国向け減少で
    • 食料品価格の品目別上昇率、1位牛肉、2位豚肉
    • 「おうちで食べよう!」「LINEキャンペーン」連続展開
    • フーデックスに出展、3月8~11日に幕張メッセ
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ビーフ(2021年12月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

Vol.395 2022/02/14

    • 牛と畜頭数は徐々に回復、生体牛価格は横ばい
    • 2022年の肥育牛予想価格を上方修正―USDA
    • 豚肉価格は堅調、強い需要と供給減・在庫薄で
    • USDAが港湾混雑の緩和策、オークランド港に新施設
    • 豚肉在庫は依然低水準、カットアウト価格下支え
    • 価格高騰と上位企業集中度に相関ない―NPPC調査
    • 4月1日から「アメリカンビーフ春の店頭キャンペーン」
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ポーク(2021年12月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

1月

Vol.394 2022/01/31

    • オミクロン株拡大で生産抑制、生体牛は下落
    • 生体豚価格は横ばい、小売向けカットは好調
    • 2022年の米国の豚肉生産量予想0.9%減
    • 世界の食肉需給予測―中国の食肉供給は拡大続く
    • インドが米国産豚肉の輸入で合意、ナイジェリアも
    • SMトレードショーに出展、2月16日から幕張メッセで
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ビーフ(2021年11月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

Vol.393 2022/01/17

    • 『2022年 新たな挑戦の年に向けて』
    • 2022年の生体牛価格、大幅な上昇見通し
    • 豚肉供給は夏季まで抑制的、需要増で価格上昇
    • 2021年ビーフパッカー上位30社、と畜能力微増
    • 2022年の牛肉生産量、前年比2.5%減の見通し
    • フィードロット飼養頭数、季節的なピークに達する
    • 1月19~20日開催の焼肉ビジネスフェアに出展
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ポーク(2021年11月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量