今も、これからも、ずっと動けるカラダを作る!オトナ世代のアメリカンビーフ&ポーク活用法

いまも、これからも、ずっと健康で、動けるカラダでいたい。
でも、どうするのが効果的?その答えは「肉」にありました。

オトナ世代には、若いときとは違う、上手な肉食の取り入れ方が必要です。
筋力やカラダの改善が気になるすべてのオトナ世代のための、
アメリカンビーフ、ポークの楽しみ方、さっそく試してみませんか。

01 アメリカンビーフ × フレイル 飯島勝矢教授東京大学高齢社会総合研究機構長 村田裕子先生管理栄養士

年を重ねて、心身の活力が低下した状態を「フレイル」といいます。
今からできるフレイル予防と対策レシピを、飯島教授と村田先生に伺いました。

02 アメリカンポーク × 筋力アップ 久野譜也教授筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ医学専攻 浜内千波先生料理研究家