ボディ 管理栄養士コラム
TOPへ戻る

国産豚より低脂肪・低カロリーなアメリカンポーク!メリハリボディに役立つ栄養素がいっぱい!

「お肉はボディメイクに不向きなのでは……?」と感じる方もいるかもしれませんが、実はアメリカンポークには引き締まったメリハリボディのために役立つ栄養素がいっぱい!

アメリカンポークはカロリー&脂肪が控えめ!

アメリカンポークの特長は、国産豚と比べると低脂肪・低カロリー・高たんぱくであること!飼料を見直した結果、以前よりもカロリーや脂質分を少なくすることに成功したのです。脂質やカロリーの摂りすぎはボディメイクの大敵ですから、アメリカンポークはボディメイク中の人にも嬉しい食材です。

良質なたんぱく質は、代謝の良い体作りに大活躍!

ボディメイクには筋肉の材料となる「たんぱく質」をしっかり摂ることも重要。というのも、筋肉量が多い人は、基礎代謝(生きているだけで自然に消費されていくエネルギー)が高いのです。太りにくい体を作るためには、運動に加えて、良質なたんぱく質を摂ることが大切。アメリカンポークには、メリハリボディ作りに欠かせない良質なたんぱく質がたっぷり含まれています!

代謝に関わるビタミンB群も意識して摂りたい栄養素

アメリカンポークには、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシンといったビタミンB群も豊富。ビタミンB群は、疲労回復だけでなく、糖質や脂質などの代謝を助けてくれるので、ボディメイクに大活躍!ぜひ意識して摂りたい栄養素です。

むくみの原因になる塩分は組み合わせる食材や味付けの工夫を!

塩分の多い食事はむくみにつながってしまうので、塩分を汗や尿として排出する働きがあるカリウムを積極的に取り入れたいところ。

アメリカンポークにはカリウムがたっぷり!調理の際には、香辛料やハーブをたっぷり使うと、より塩分を減らしてもおいしく食べられるのでオススメ!

手軽にできるエクササイズに、効率的なボディメイクに、ぴったりの栄養を備えたアメリカンポークを加えた豚活で、ぜひ理想のボディを手に入れてください!

ボディメイクのための食事と合わせて、毎日続けたい「肋骨の呼吸」や、ぽっこりお腹引き締めエクササイズもご紹介しています。他の記事もぜひ参考にしてくださいね。

管理栄養士櫻井麻衣子さん

服部栄養専門学校卒業後、総合病院で献立業務、離乳食の調理などに携わる。その後特定保健指導、痩身外来での栄養指導を経て現在はフリーランスとしてレシピ開発やコラム監修、産後ケアセンターでの調理献立など幅広く活動中。

RECOMMENDED
RECIPES

この記事におすすめのレシピはこれ!

アメリカンポーク
チリコンカン

アメリカンポークと豆を組み合わせたこのレシピは、ボディメイクと相性ぴったり!アメリカンポークは、国産豚よりも低脂肪・低カロリーであるうえ、ビタミンB群やカリウムが豊富に含まれています。ビタミンB群はエネルギー代謝に、カリウムはむくみ対策に役立つ栄養素です。豆にはカリウムだけでなく、ボディメイクに欠かせない「腸活」に役立つ食物繊維もたっぷり。ここに100g程度のご飯を添えれば、500kcal程度で栄養満点のワンプレートご飯が完成!

[監修] 管理栄養士 櫻井麻衣子さん

材料(4人分)

  • アメリカンポーク(豚肉)ロース(かたまり)300g
  • 大豆(水煮)100g
  • 金時豆(水煮)100g
  • 玉ねぎ100g
  • にんじん100g
  • にんにく1かけ
<A>
  • トマト水煮1缶(400g)
  • 600ml
  • チリパウダー大さじ1
  • クミン小さじ1
  • オレガノ小さじ1
  • ローリエ1枚
  • 塩・こしょう各少々
  • パセリ(みじん切り)適宜

作り方

  1. アメリカンポークは2〜3cm角に切り、軽く、塩こりょうする。
  2. 玉ねぎとにんじんは1cmくらいの角切りにする。にんにくは縦半分に切る。
  3. 鍋に<A>を入れ煮たて、にんにく、アメリカンポーク、玉ねぎ、にんじん、豆を加えて中火で30分くらい煮込み、とろみがついたら塩、こしょうで調味し、器にもり、パセリのみじん切りを散らす。

ポイント

  • スパイシーな風味と豆のコクを楽しめるメキシカン。
    カレー風味にしても、ご飯にかけてチーズのせても焼いても◎。