アメリカンビーフ、ポークで Enjoy The Season2 with ゆる低糖質 by井上かなえ

February

バレンタイン

今年もやってきました!我が家の女子たちがウキウキやる気に満ち溢れるこの季節が!

ここ数年は女子たちがクラスの女の子全員に配るための量産型チョコをひたすら母さんが作り(「なぜ毎年母さんが作らなあかんの!自分で作ったら?」と聞いたら、「だってみんなそれを期待しているから!母さんが作るチョコを待っている!」と言われ、じゃあ仕方ないかなと作ってしまう、子どもたちに激アマなわたしです)、それらを内職のようにせっせと1つずつ詰め合わせてラッピング(ここだけ娘たちがやります)。
というイベントでしたが、こんなご時世ですし、去年からは手作りのお配りチョコは無し、今年は末娘もとうとう高校3年生になり、2月と言えば卒業式目前。すでに学校へは行ったり行かなかったりになっているので、作らなくて済みそう!と内心ホッとしております。

そんなティーンたちにとってのバレンタインはおいといて、わたしのような中高年のバレンタインデーは・・

世の中の奥様方の中には夫のためにチョコレートを贈ったりする方も多いのでしょうが、うちではここ数年はそんなわけで母さんバレンタインは大忙しだったため、家族はないがしろにされてきました(笑)。
「それはパパのチョコじゃないから食べたらあかん!」 うっかり手作りのチョコに手を伸ばして、娘たちから怒られてしまう可哀そうなパパ。

さ~て。
あの大量生産が無くなったのであれば、数十年ぶりに家族のためのバレンタインデーにしようかなと考えています。
日頃の感謝と変わらぬ愛をお伝えすべく、ちょっとだけラブリーなお料理を家族にふるまう日にするのも楽しいかも!
というわけで、2月のシーズンレシピは家族みんなが喜ぶステーキです。

今回作ったソースは、バターとオイスターソース。
そこへちょっと食感を残すようにさっとだけ加熱した長ネギを合わせたものなのですが、コクがあるソースにシャキシャキとした食感とネギの香りがプラスされて、とっても美味しい!
ご飯にも合うお味付けなので、男子の胃袋をぎゅっとつかむこと間違いなしです。

アメリカンビーフ コクうま!チャイナ風ステーキ

材料(2人分)
  • アメリカンビーフ(牛肉)サーロイン ステーキ用(200g)2枚(約1.5cm厚)
  • 塩、胡椒適量
  • 長ネギ(斜め薄切り)1本
  • バター10g
  • オイスターソース大さじ1
  • 付け合わせに・・・リンゴ、レタスなど
作り方

アメリカンビーフは冷蔵庫から出し、室温で15分ほどおく。表面の余分な水分をキッチンペーパーで押さえ、塩、胡椒をまんべんなくふる。

フライパンに牛脂(なければオリーブオイル)をひいて強火にかける。フライパンが温まったら(1)の肉を並べ、2分ほど焼いて焼き色がついたら裏返し、同じように2分焼く。最後に肉を立てて脂身の部分も1分ほど焼き、ホイルに取り出し包んで保温しておく。

フライパンを軽くキッチンペーパーで拭き、バターとオイスターソースを入れて中火で温める。長ネギを入れて火を止め、余熱で絡める。

レタスとリンゴ、(2)の肉を斜めにそぎ切りにして皿に盛り、(3)のソースをかける。

  • 付け合わせのリンゴをハートに見立てて盛り付けてみました!簡単にバレンタインらしさを演出できるのでお試しください。
  • 焼いた後は肉をアルミホイルに包んでおくことで肉汁を落ち着かせ、ジューシーさを中に閉じ込めます。アルミホイル内に溜まった肉汁は、(3)のソースに加えて混ぜてください。

Archive

PROFILE

自作のレシピに加え、3人の子どもと過ごす日常を掲載した
ブログ「母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記」 が人気を集める。
家族のことを思って考案されるメニューは、どれも簡単でおいしく栄養満点と評判。