マインド 栄養士コラム
TOPへ戻る

アメリカンポークには「幸せホルモン」のカギをにぎるトリプトファンが豊富!

心の健康を良好に保つために大切なポジティブマインド。意外に思われるかもしれませんが、アメリカンポークにはポジティブマインドに関係する栄養素が盛りだくさん!

「幸せホルモン」の材料をしっかり摂れるアメリカンポーク

ポジティブマインドになるためには、「幸せホルモン」といわれる「セロトニン」を増やすことが重要です。実はアメリカンポークには、このセロトニンの材料となるトリプトファンが豊富!セロトニンは、心のバランスを整えて幸福感をもたらしてくれる物質なので、トリプトファンをしっかり摂っておくことは大切ですね♪

ポジティブマインドのためにはたんぱく質による体作りも大切!

アメリカンポークは国産豚と比べて低脂肪・低カロリー、高たんぱくなことも特長!たんぱく質は筋肉を作る材料になっているため、不足して筋力が落ちると体を動かすのがおっくうに……。気持ちも落ち込みがちになるため、日頃からたんぱく質を摂って、健康的な体をキープしておくことも大切です。

植物性たんぱく質との組み合わせで効率アップ!

「幸せホルモン」の材料となるトリプトファンは、大豆や穀類などの植物性たんぱく質にも多く含まれています。そのため、アメリカンポークと組み合わせた料理にすることで、効率的にセロトニンを作り出すことが可能に!

オメガ3系脂肪酸との組み合わせもオススメ

オメガ3系脂肪酸は、脳の活性化に役立つ成分なので、アメリカンポークと一緒に組み合わせて食べるのもGOOD!くるみをはじめとしたナッツ類やアボガドなどに豊富に含まれているので、献立作りの際の参考にしてみてください。

笑顔あふれる毎日のためにも、ぜひアメリカンポークを日々の食生活に役立ててみてくださいね。

体の中で幸せホルモンを作る準備ができたら、別の記事で自分を大切にして自信を持つためのコツもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

栄養士牛尾理恵さん

料理研究家・栄養士。病院での栄養指導、料理研究家に師事を経て独立。ダイエットで−10kgを達成したのをきっかけに筋トレによる身体づくりに目覚め、改めて食事の大切さに気付き自らの経験をフィードバックしながら手軽で美味しく健康的なレシピを提案する。 著書「元気が出る野菜炒め」「オートミールヘルシー&ダイエットレシピ」など

RECOMMENDED
RECIPES

この記事におすすめのレシピはこれ!

アメリカンポーク 120℃簡単
ローストと豆のさっと煮スープ

アメリカンポークにも豆類にも、トリプトファンという成分が豊富!トリプトファンは、「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンを増やしてくれる成分なので、笑顔あふれる毎日のために大活躍してくれます。また、セロトニンは腸で作り出される割合が高いため、腸内環境を整える食物繊維が豊富な豆類や野菜をしっかり摂れる点も魅力です。スープ料理になっているので、流れ出てしまった栄養も丸ごといただくことができる点も良いですね!

[監修] 栄養士 牛尾理恵さん

材料(2~3人分)

  • 120℃かんたんロースト(※) (7mmの角切り)100g
  • たまねぎ(みじん切り)小1個
  • にんじん(7mmの角切り)1/2本
  • 豆の水煮(ひよこ豆、大豆など何でも良い)1缶分
  • ホールトマト(2等分にカット)1缶分
  • 2カップ
  • オリーブオイル大さじ1
  • すし酢大さじ2
  • 小さじ1
120℃かんたんローストのレシピ

作り方

  1. 鍋にオリーブオイルを入れ、たまねぎ、にんじんを弱火で3分ほど炒める。
    ここにポーク、水、すし酢、豆の水煮、トマト缶を入れて、20分ほど煮る。
  2. 最後に塩で味を整える。