定期刊行物Trader’s Be&Po

USMEFでは、最新の食肉関連情報を皆様にお届けするために、 「Trader's Be & Po 」(隔週刊)を発行しております。 皆様のビジネスにぜひご活用ください。

2017年

  • 12月
  • 11月
  • 10月
  • 9月
  • 8月
  • 7月
  • 6月
  • 5月
  • 4月
  • 3月
  • 2月
  • 1月

3月

Vol.286 2017/03/27

    • 牛カットアウト高騰、先行き鎮静化へ
    • 生体牛の現金価格は続伸、供給タイトで
    • ベリー急落で生体豚反落、輸出拡大が不可欠
    • 食品価格50年ぶりに下落、畜産物の値下がりで
    • SMの競合激化、欧州のDS参入と食品価格低下
    • 2017年の1人当たり食肉消費量予測、2.6ポンド増
    • トウモロコシの供給は引き続き潤沢
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ビーフ(2017年1月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

Vol.285 2017/03/06

    • ベリー価格180ドル台へ急騰、短期的な動きか
    • 牛肉カットアウト下落、今後は小売の販促に期待
    • 肥育牛の供給は2019年まで増加
    • 生体豚と豚肉の価格を牽引するのは輸出
    • 2016年の牛原皮輸出額、20億ドル超え
    • 3月7~10日「FOODEX」にメンバー4社と出展
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ポーク(2016年12月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

2月

Vol.284 2017/02/13

    • 牛群3年連続増加、1月1日現在の総飼養頭数2%増
    • ベリー価格180ドル台へ急騰、短期的な動きか
    • ポークサーロインロースト、心臓に良い食品に認定
    • 豚肉価格は供給増加にも関わらず堅調
    • 米国の牛肉輸入予測、2017年も10%減
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ビーフ(2016年12月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

1月

Vol.283 2017/01/30

    • フィードロットの飼養頭数、過去20年で最低か
    • 11月の豚肉輸出好調、価格急落を回避
    • 米国の食肉生産、12月は過去最高を記録
    • 牛肉工場の稼働率は上昇見込み
    • 米国がフランス産牛肉の輸入解禁
    • 中国の豚肉生産費、米国とは大きな格差
    • 消費者向け肉購入支援アプリ提供―NAMI
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ポーク(2016年11月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量

Vol.282 2017/01/10

    • 牛肥育業者上位30社、2016年の収容能力は前年並み
    • 養豚企業上位35社、2016年は22社で母豚増加
    • クリスマス商戦で生体牛、牛肉とも価格上昇
    • 米国の牛飼養頭数の完全回復は2018年に
    • 12月期の豚飼養頭数3.7%増、過去最高を更新
    • 2017年の豚肉生産予想3.4%増、記録的拡大続く
    • 11月の小売価格、牛肉、豚肉とも急落
    • SMトレードショー(2月15~17日)に出展
    • 生体牛・豚価格、カットアウトバリュ、穀物先物価格
    • ビーフ(2016年11月)米国の輸出、
      と畜頭数・枝肉生産量、飼養動向、日本の輸入量