アメリカン・ポークは、「ごちポ」へ。

ただ「アメリカン・ポーク」と呼ぶだけでは、この豚のすごさは伝えきれない。
その豚は、肥沃な大地で収穫された、栄養価の高い大豆とトウモロコシで育った。
その豚は、徹底的に管理されたチルド輸送で、海を渡りながらじっくりしっかり熟成してきた。
だからその豚は、軟らかくてとってもジューシー、うまみ成分たっぷり。
ごちそうポークの、「ごちポ」。アメリカから、トンでもない豚肉がやってきた。

ごちポ アメリカン・ポーク
ごちポくん

Nice to MEAT you!

はじめまして、ポク、「ごちポ」だポ。ポクの簡単な自己紹介を、ちょっとまとめてみたポ。めんどくさがらずに読んでくれると、嬉しいポ!

アメリカン・ポーク ごちポくんのムービーだポ。

ボクたちがアメリカから来る船の上でうたっているごちポのうたが、ムービーになったポ。ぜひみんなでうたってポ!

ごちポのうた(1番)

ごちポのうた(2番)

歌詞はこっちだポ

チルド輸送でしっかり熟成するから、うまみ成分たっぷりだポ。

アメリカから日本に着くまで、船で約2週間。チルド輸送されるその2週間で、ボクたちは低温熟成されていくんだポ。フローズン輸送のポークよりも軟らかくて、とってもジューシー、うまみ成分たっぷりなごちそうポークの到着だポ。日本の皆さん、Nice to MEAT you!

栄養いっぱいの大豆とトウモロコシで、育ってるポ。

澄んだ空気。たっぷりと降り注ぐ太陽の光と豊かな自然。アメリカのコーンベルト地帯の土壌は養分豊富で肥沃だから、ここで穫れる大豆とトウモロコシはめちゃめちゃおいしいんだポ。生産者が自分で育ててくれたこんな飼料を毎日食べてるから、アメリカン・ポークは栄養たっぷりなんだポ!

安全チェックは、もちろんばっちりだポ。

「Farm to Table」(農場から食卓まで)という合い言葉のもと、生産者、加工業者、アメリカ政府、そして日本の政府が、それぞれ独立した基準で安全性を厳しくチェックしているんだポ。そのチェックをバスしたポークだけがみんなの食卓に届くから、安心して召し上がってぽしいポ!