アメリカン・ミートがもつ健康効果に注目
身体を改善する肉レシピ

肉を食べるということは身体にとって非常に重要です。
ここでは、赤堀博美さんに教えてもらった
身体改善に効くレシピを紹介。
いつまでも美しく元気でいるために、
美味しくアメリカン・ミートをいただきましょう。


免疫力を高めて病気知らずに

アメリカン・ミートは、腸内環境を整える食物繊維を多く含む根菜類と

一緒に摂ることで免疫力もアップ。

体温が下がると免疫力も下がるので、梅干しを合わせるのもポイントです。

アメリカン・ポークの梅煮

濃厚なコクがありながら、梅の酸味で飽きが来ない一品。
ご飯に合わせてたっぷりと食べられるのが嬉しい。

(4人分)

  • アメリカン・ポーク 肩ロース(かたまり)…400g
  • 塩・こしょう…各少々
  • 片栗粉…大さじ2
  • 油…適宜
  • 梅干し(種をのぞきたたく)…4個分

【 A 】

  • 砂糖…大さじ5
  • 酒…大さじ2
  • ケチャップ…大さじ2
  • しょうゆ…大さじ3
  • だし…100ml
  • 長芋…200g
  • 酢…少々
  • なす…1本
  • 赤パプリカ…1/2個

  1. 1アメリカン・ポークは大き目の1口大に切って下ゆでする。長芋、なす、赤パプリカは乱切りにする。
  2. 2鍋に梅干しとAを合わせ、煮立ててアメリカン・ポークを入れて弱火で5分煮る。野菜も加えて汁気が少なくなるまで煮る。
  3. 3②を1㎝幅に切る。
  4. 4どんぶりにごはんを盛り、③をのせて、薬味、だし汁を添える。薬味をのせて召し上がったり、だしをかけてお茶漬けで召し上がるのもよい。

アメリカン・ポークは下茹でしたものを使う

豚の角煮を作る時と同様に、アメリカン・ポークは下茹でをしておきます。下茹ですることで、アクや臭みが抜けるだけでなく、脂も抜けるのでとてもヘルシーかつ、味が入りやすくなるという利点もあります。下茹ではサッと1分程度でOKです。

根菜ポトフ

肉と一緒に野菜をたっぷり摂れるポトフは健康維持に効果的。
食材だけで煮て、マスタードやゆずこしょうで味を付けましょう。

(4人分)

  • アメリカン・ビーフ 肩ロース(かたまり)…500g
  • 玉ねぎ…小2個
  • にんじん…1本
  • れんこん…小1節
  • かぶ…小2個
  • トマト…小2個
  • にんにく…1かけ
  • セロリ(葉)…適宜
  • パセリ茎…適宜
  • ゆずこしょう・生七味・粒マスタード…お好みで

  1. 1アメリカン・ビーフは室温にもどしておく。にんにくは包丁の腹でつぶしておく。にんじんは皮をむく。れんこんは皮をむき、縦半分に切る。
  2. 2鍋にアメリカン・ビーフとかぶるくらいの水、にんにく、セロリ、パセリを入れて、れんこんも加えて沸騰したら弱火にして、アクをとりながら1時間くらい煮る。
  3. 3②にかぶも加えて5分煮る。最後にトマトを加えてさらに5分煮て、食べやすい大きさに切って器に盛り、ゆずこしょう、生七味、マスタードなどをそえ、お好みでいただく。

鍋に食材と水を入れて煮込むだけ!

ポトフの汁には調味料を入れず、食材の味だけで仕上げるので、鍋に食材を入れたらあとは水を加えて煮込むだけです。アメリカン・ビーフと野菜から驚くほどしっかりとダシが出ます。長めに煮るので、時間が無ければ肉を室温に戻さなくてもOK。

管理栄養士・赤堀先生に聞く 美味しく健康になる食べ方 実はオトナ世代こそ食べたほうがいい食材である肉。 なぜ必要なのか、そして食べるタイミングや必要な量など、年を重ねた世代に気を付けてほしい食のポイントを赤堀料理学園の校長、赤堀博美先生に伺いました。
健康で長生きする為に…肉を食べて免疫力をあげよう 歳を重ねると免疫力が低下してくると言われていますがそれを改善する方法の1つが肉を摂取することです。今回、肉食と健康について研究を重ねる日本応用老年学会理事長の柴田教授にお話を伺いました。
イベントリポート
  • American Beef For You
  • ごちポ アメリカン・ポーク
  • U.S.BEEF
  • アメリカン・ポーク
  • TEXAS BEEF COUNCIL

PAGE TOP