アメリカン・ポークに含まれる栄養素

  • たんぱく質

    筋肉や臓器など、体のあらゆる部分を構成する成分になる。
    体の機能を調整する成分になり、ストレス対策に役立つ。

  • 脂質

    効率の良いエネルギー源。ホルモンの原料となり、脂溶性ビタミンの吸収を良くする。
    オレイン酸には、コテステロール低下作用がある。

  • ビタミンB1

    炭水化物がエネルギーに変わる際のサポート。
    脳や神経の働きを正常に保つ。疲労回復に役立つ。

  • ビタミンB2

    炭水化物、脂質、たんぱく質の代謝をサポート。
    皮膚や口腔粘膜を健康に保つ。血管を詰まらせる有害物質を消去する。

  • ビタミンB6

    タンパク質の代謝を促進し、神経伝達物質の合成を促す。
    免疫機能の維持や赤血球の合成にもかかわる。

  • ビタミンB12

    正常な赤血球の生成をサポートし、貧血を予防する。
    神経細胞の機能を維持し、記憶力・集中力を高める。睡眠・覚醒リズムの乱れを整える。

  • ナイアシン

    炭水化物や脂質、タンパク質がエネルギーに変わるのをサポート。
    アルコールの分解にも欠かせない。

  • リン

    骨や歯を作り、エネルギー代謝にも必須。

  • カリウム

    ナトリウムとともに働き、高血圧を予防する。筋肉の収縮・弛緩の働きや神経伝達の働きを正常に保つ。

  • 亜鉛

    細胞の生成やたんぱく質の合成にかかわる。
    ホルモンの合成・分泌をサポートし、免疫機能の働きを保つためにも必要。正常な味覚に不可欠。

  • 赤血球の成分として全身に酸素を運び、貧血を予防する。